皇太子ご夫妻が国連大学に(時事通信)

 皇太子ご夫妻は26日、東京都渋谷区の国連大学で開かれた「国際衛生年フォローアップ会議」に出席し、専門家の基調講演を聴講された。
 皇太子さまは、「国際衛生年」(2008年)を提唱した国連の「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁。会議では、世界の衛生問題の現状や課題などを2日間議論する。
 会議の開会式で、皇太子さまは「国際社会における衛生への理解と協力がより一層深まり、衛生の問題の解決に向けた具体的な取り組みがさらに進むことを希望します」とあいさつ。同妃雅子さまは、続いて行われた基調講演に参加し、皇太子さまと耳を傾けた。 

<岐阜県白川村>合掌造りの家々をライトアップ(毎日新聞)
「手を引いて…首を絞めて…」“自白”に追い込まれる菅家さん(産経新聞)
足利再審、菅家さんの追及にも元検事謝罪せず(読売新聞)
手作りボートを試そうとして事故、60歳男性死亡 千葉(産経新聞)
小沢氏23日聴取「潔白証明へ強い意志を」…首相(読売新聞)
[PR]
# by cnskosli91 | 2010-01-28 18:37

反対派当選「受け止める」=平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は24日夜、沖縄県名護市長選の結果に関し「政府としての判断は判断として考えていかざるを得ない」と述べ、米軍普天間飛行場の移設先はあくまで政府の判断で決める考えを強調した。ただ、同市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移すとした現行計画の履行が難しくなったとの見方については「市民の声を受けての市長が誕生したことは結果として受け止める」と、市長選で示された民意を尊重した対応を示唆した。都内で記者団に語った。 

【関連ニュース】
宮崎市長に戸敷正氏が初当選
「内閣は地元の民意に応えよ」=福島社民党首
普天間移設行き詰まりに危機感=代替措置模索の動きも
首相の判断に影響と民主=現行案、自民も困難視
勢いづく「県外派」=狭まる選択肢

<平野長官>報道表現「関係者によると」は「公平でない」(毎日新聞)
千葉大生殺害、ATM男を窃盗容疑で再逮捕へ(読売新聞)
派遣村 閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
「石川容疑者が起訴されないことを望む」…首相(読売新聞)
彬子さま 皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)
[PR]
# by cnskosli91 | 2010-01-27 03:17