カテゴリ:未分類( 57 )

岩手・宮城内陸地震 慰霊碑に刻む「絆」…14日で2年(毎日新聞)

 08年6月14日に発生した岩手・宮城内陸地震で土石流により7人が死亡した宮城県栗原市栗駒の旅館「駒の湯温泉」で13日、遺族らが建立した慰霊碑の除幕式が行われた。地震から14日で2年。遺族や旅館関係者は慰霊碑の前で手を合わせ、7人の冥福を祈った。

 慰霊碑は高さ1メートル、幅2メートル、7人の名前と、被災者や大勢の支援者らとのつながりを表す「絆(きずな)」の文字が刻まれた。

 式には遺族や住民らが出席。母と兄を亡くした同旅館経営、菅原昭夫さん(54)は「旅館は元通りにはならないと思うが、犠牲者のためにも何らかの形で復活させたい」とあいさつした。【須藤唯哉】

【関連ニュース】
荒砥沢ダム:岩手・宮城内陸地震後、初公開
岩手・宮城内陸地震:発生2年 地元の大工が復興に全力
岩手・宮城内陸地震
THISWEEK:今週の予定 13〜19日
岩手・宮城内陸地震:あす2年 地元大工、復興に全力 続く避難勧告…早く元の生活を

<男性刺殺>「パチンコに人生狂わされた」容疑者供述 大阪(毎日新聞)
写真公開の「出し子」逮捕 350万詐取容疑(産経新聞)
好立地の薬局確保、取引独占=高知の医薬品卸会社に警告―公取委(時事通信)
天皇、皇后両陛下 世界最大級の淡水魚水族館視察 岐阜(毎日新聞)
女子高生暴行容疑で介護士逮捕=携帯番号調べ電話―和歌山県警(時事通信)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-06-18 16:24

大賀被告に懲役3年6月求刑=キヤノン工場脱税―東京地裁(時事通信)

 キヤノン工場建設をめぐり、コンサルタント会社「大光」(大分市)など3社の所得を隠したとして、法人税法違反罪に問われた前大光社長大賀規久被告(66)の論告求刑公判が4日、東京地裁(鹿野伸二裁判長)であり、検察側は懲役3年6月を求刑した。判決は6月29日。
 検察側は論告で、「大規模かつ組織的な脱税で、大賀被告が主導したことは明らか」と指摘。「利益追求のために納税義務を卑劣な手段で免れようとした」と非難した。弁護側は、大賀被告が約29億円を修正申告したことなどを挙げ、執行猶予を求めた。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
故中内氏の次男逮捕=贈与税2億円超脱税の疑い
「マック赤坂」、脱税で告発=架空経費で2億4千万円隠す
「豚肉輸入事業に40億円」=差額関税着目か
10億所得隠し、建設会社を告発=「馬毛島」所有の社長も

鳩山首相が辞意 閣僚明かす(産経新聞)
<大阪HIV訴訟>原告の体調悪化 国が請求金の一部仮払い(毎日新聞)
【こども】「手足口病」 近年で最多ペース(産経新聞)
「信頼回復が責務」と続投表明=経営陣処分は改めて明言―原発点検漏れで中国電社長(時事通信)
辻元・国土交通副大臣の辞任を了承(読売新聞)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-06-08 01:06

少年、遺族に初の謝罪の手紙=中2少女殺害、事件から4年―岐阜(時事通信)

 岐阜県中津川市で2006年4月、市立中学2年清水直さん=当時(13)=が当時高校1年だった先輩の少年(19)に殺害された事件で、少年が遺族に謝罪の手紙を出していたことが24日、分かった。遺族の代理人弁護士が明らかにした。
 弁護士によると、これまで少年の両親からの謝罪はあったが、少年からの謝罪は初めて。
 手紙は直さんの母親あてで、遺族への謝罪の言葉や少年院で考えたことなどがつづられていたという。
 直さんの遺族ら4人は昨年4月、少年と両親に謝罪と損害賠償を求める調停を簡裁に申し立てている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
医療少年院の自殺で国が一部敗訴=ベルト貸与は注意義務違反
元教官、二審は執行猶予=少年院の収容者暴行
謝罪受け入れ、再会望む乗客=傷癒えぬ遺族も
殺人の少年に懲役5〜10年=裁判員「被告の将来に迷った」

あかつき打ち上げ 地球の姉妹星探る 大気成分、風向きなど明らかに(産経新聞)
<裁判員制度>「名付け親」松尾氏が講演(毎日新聞)
不明の三男を指名手配=母親殺害容疑―兵庫県警(時事通信)
両陛下、お別れのあいさつ(時事通信)
東海道線で人身事故、東京―小田原間運転見合わせ(読売新聞)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-05-29 03:47

<普天間移設>首相発言で「決着」も 閣議了解から後退(毎日新聞)

 平野博文官房長官は17日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する政府方針の決定方法について「首相発言という方法もある」と述べ、全閣僚の同意が必要な「閣議了解」ではなく「首相発言」にとどめる可能性に言及した。平野氏はこれまで、政府方針を閣議了解することで「5月末決着」とする考えを示していたが、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が16日に「県内移設が盛り込まれれば反対」との立場を明言。福島氏が同意しない場合、首相発言で政府方針を発表する構えとみられる。

 平野氏は「(連立を組む社民、国民新両党に)まったく何も言わずにやってしまうことはありえない。理解してもらう」とも語り、鳩山由紀夫首相が閣議で発言する前に何らかの形で与党に打診する考えも示した。

 これに関連し、鳩山首相は17日午前、記者団に「最初から厳しい状況は分かっているが、日米安保、日本の平和と安全のためにやらなきゃいけないことはやる決意は変わらない。(決着期限の)5月末に向けて最大限頑張る」と述べた。

 政府は同県名護市辺野古周辺への普天間移設に全国への訓練移転などを組み合わせた政府方針を5月末までに決定することで「決着」としたい考えで、首相は「国民の皆さんと一緒に行動してまいりたい」と国民に協力を求める姿勢も示した。【坂口裕彦、青木純】

【関連ニュース】
【今さら聞けない 図説でおさらい】どうして普天間問題がこじれているのか
【空からみた写真特集】移転先候補となった徳之島はどんな島か
【写真特集】現状の普天間基地はなぜ問題か 写真でみる
【写真特集】沖縄:平和行進スタート 名護市長も出席
【首相の一問一答のことばを読む】普天間「覚悟を決めて臨んでる話」4月15日

地元調整「6月以降も継続」=米との合意は今月中に―普天間問題で前原担当組(時事通信)
臓器移植ネットに「思い切った普及啓発活動を」―省内仕分け(医療介護CBニュース)
女性との結婚意思装う=子宮収縮の錠剤3日分−不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
<淀川女性遺体>「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)
男性の死亡認定取り消し=失跡後、北朝鮮でかつて生存−海保(時事通信)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-05-20 18:16

ニセ死亡診断書で保険金詐取、元新聞店員ら逮捕(読売新聞)

 ウソの死亡診断書を使って保険金をだまし取ったとして、警視庁は10日、川崎市多摩区西生田4、元新聞販売店員西村豊被告(55)(有印私文書偽造罪などで起訴)と、西村被告の元妻のさいたま市大宮区天沼町1、派遣社員蒲池優美子(58)、埼玉県川越市岸町1、会社員前島裕之(44)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、3人は2003年12月上旬頃、西村被告が死亡したとする偽の死亡診断書や戸籍謄本などを生命保険会社に提出し、死亡保険金約5400万円をだまし取った疑い。

 西村被告は、死亡診断書などを提出した後は知人男性になりすまし、偽の住民票や運転免許証を得るなどして生活していた。西村被告と前島容疑者は容疑を認め、蒲池容疑者は否認しているという。

 前島容疑者は、西村被告が以前に経営していた会社の元社員で、保険金の受取人になっていた。この事件で3人は、別の生命保険会社からも約3600万円の保険金を受け取っており、警視庁で追及している。

新しい婚礼披露のかたち 拡大する1・5次会市場(産経新聞)
JAL副操縦士、免許忘れ乗務(産経新聞)
死刑執行「当分行われない」 廃止議連・亀井氏が発言(J-CASTニュース)
トーク飛ばし音楽録音 新型レコーダーで物議(産経新聞)
シカ急増、保護地域追われるニホンカモシカ(読売新聞)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-05-13 06:10

政権半年の実績、アピールへ=政府(時事通信)

 政府は21日午前の大臣政務官意見交換会で、各省ごとに政権発足半年の実績を取りまとめ、発表する方針を決めた。夏の参院選を前に内閣支持率が下げ止まらない中、施策の実施状況を示し、政権交代の成果をアピールする狙いとみられる。 

【関連ニュース】
全国学力テスト、7割が参加=抽出調査に移行
首相はつらいよ?=山田洋次監督が激励
自民・小池氏も離党表明=参院選公認で県連と対立
参院選「最後のご奉公」=地元で両親しのぶ会
自民に「衆参ダブル」警戒論=党内引き締めの狙いも

噴火で足止めの旅客、JAL機で成田到着(読売新聞)
3歳女児を浴槽に監禁容疑=同居の夫逮捕、夫婦で虐待か−福岡県警(時事通信)
東京都練馬区の弁当店に強盗 60万円奪われる 警視庁行方追う(産経新聞)
<鳩山首相>志位・共産党委員長と会談 普天間移設問題巡り(毎日新聞)
鳩山首相の徳之島入りに反発も=普天間移設反対−地元町長(時事通信)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-04-27 12:59

光ファイバー受注カルテル認定 4社に課徴金160億命令へ 公取委(産経新聞)

 NTT東西とNTTドコモが発注する光ファイバーケーブルの受注をめぐり、カルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は14日、5社のカルテルを認定し、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで、うち4社に課徴金納付命令と排除措置命令を出す方針を固め、各社に事前通知した。課徴金は合計で約160億円にのぼるとみられ、命令ベースでは過去2番目の高額となる見通し。

 事前通知を受けたのは、住友電気工業(大阪市中央区)▽古河電気工業(東京都千代田区)▽フジクラ(江東区)▽昭和電線ケーブルシステム(港区)の4社。

 平成21年6月に4社とともに公取委の立ち入り検査を受けたアドバンスト・ケーブル・システムズ(江東区)は自主申告したため、課徴金の減免を受ける見込み。

 関係者によると、4社はNTT東日本と西日本が共同発注するコネクターなど光ファイバーケーブルの部品をめぐり、遅くとも17年2月から21年6月まで、カルテルを結び、受注社や割合、価格を調整していた。

 また、昭和電線ケーブルシステムを除く3社は18年1月から21年6月まで、NTTドコモ発注の部品をめぐり、カルテルを結んだ疑いが持たれている。

 各社は毎年2月ごろ、見積もり合わせをして最低価格を出した会社の発注単価をその年の単価と決定。そのうえで各社がNTTグループに出す見積書の価格、順位を話し合って決め、ほぼ均等に受注していた。

「引きこもり」「在日」にも障害者福祉は必要―12団体が新制度へ要望(医療介護CBニュース)
水俣病救済方針を閣議決定(産経新聞)
<箱館ハイカラ號>今季も運行 北海道(毎日新聞)
間寛平さん アースマラソン一時中断 米で治療(毎日新聞)
「郵政法案は改革逆行」=自民・幹事長(時事通信)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-04-22 22:21

“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)

 「最後の大物仕手筋」と呼ばれ、金融商品取引法違反(相場操縦)の罪で公判中だった投資アドバイザー、西田晴夫(はれお)被告(60)について、大阪地裁(樋口裕晃裁判長)が公訴棄却を決定していたことが15日、分かった。関係者によると、西田被告は脳梗塞(こうそく)を患って入院中で、大阪地検が訴訟能力がないと判断し、地裁に公訴取り消しを求めたとみられる。

 決定は9日付。西田元被告は平成14年11〜12月、ジャスダック上場の旧南野建設(現A・Cホールディングス)をめぐり、売り注文と買い注文を同時に出す仮装売買で株価をつり上げ、差額利益約3億8千万円を得たなどとして大阪地検特捜部に逮捕、起訴された。

 19年12月の初公判で西田元被告は起訴内容を認めたが、その後体調を崩し、公判は停止されていた。共犯の会社役員(54)と古物商(62)はいずれも執行猶予付き有罪判決が確定している。

 西田元被告は大阪府守口市職員から投資家に転身。仕手戦で扱う株は「N銘柄」とささやかれ「電話一本で億の金が動く」と言われたほか、音楽プロデューサーの小室哲哉氏をめぐる詐欺事件でも背景の高利融資に関与が取りざたされた。

【関連記事】
無登録で投資勧誘の疑いで3人を逮捕 避妊具自販機の設置で 岐阜県警
インサイダー取引で3被告に有罪
企業食い尽くすハイエナ 「クロちゃん」の10年
トランス社架空増資、鬼頭被告も逮捕
元IBM営業マンが手を染めた禁断の“赤黒転換”

<朝倉市長選>前県議の森田氏が初当選 福岡(毎日新聞)
決起せよ、団塊政治家(産経新聞)
井上靖の書斎、世田谷から郷里・旭川に移築へ(読売新聞)
<野菜高騰>政府、対策に乗り出すも価格安定は5月以降か(毎日新聞)
マンション通路で男性死亡=腹部などに刺し傷、外国人か−三重県警(時事通信)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-04-20 11:24

日米首脳会談なし、代わりに隣り合わせの夕食会(読売新聞)

 【ワシントン=小川聡】ワシントンで開かれる「核安全サミット」の12日の夕食会の際、鳩山首相とオバマ大統領が隣り合わせに座り、非公式に意見交換する方向で日米両政府が最終調整していることが、わかった。

 米政府は6日、同サミット期間中の日米首脳会談の予定はないと発表したが、日本側が会談を希望していたことに配慮した形だ。複数の日米関係筋が明らかにした。

 夕食会には、47か国の代表らが出席するとみられ、多数の国が参加する夕食会では通常、政策的な協議は行わず会話の中身も公表しない場合が多い。

 ただ鳩山首相は日本時間の7日夜、「私から(大統領に)意思を伝えたい。今の経緯を申し上げたい」と記者団に述べるなど、沖縄県の普天間飛行場移設問題を首脳間で協議する意欲を示している。

 首相は昨年12月にコペンハーゲンで開かれた国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)関連の晩さん会でも、隣に座ったクリントン米国務長官に、普天間移設問題の決着を翌年に先送りし、新たな移設先を検討する方針を説明。会談後、記者団に「十分に理解を頂いた」と述べ、米側に否定された経緯がある。

「ひょっこりひょうたん島」の井上ひさしさん死去(産経新聞)
阿久根市長派が不信任案…反市長派、挑発に乗らず?(読売新聞)
コンビニ商品にカッター刃=4店連続か−警視庁(時事通信)
「第3極ブーム」与党警戒、参院選敗北で連携も(読売新聞)
民主党輿石氏、会延長論に不快感(産経新聞)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-04-13 22:04

平沼新党に閣僚は冷ややか「興味も関心もない」「期待していない」(産経新聞)

 平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らが新党結成を決めたことに対し、6日午前の閣議後記者会見で閣僚から冷ややかな声が相次いだ。

 亀井静香郵政改革・金融相は「平沼氏は郵政民営化反対で同一歩調を取ってきたし、積極財政派でもあった。(財政規律派の)与謝野氏と逆に近い立場だ。2人が手を組んだことにちょっとキョトンとしている」と疑問を口にした。自民党からの議員流出については「ふるさとがここまで荒涼たる状況になるのは寂しい」と述べた。

 菅直人副総理・財務相も「与謝野氏は比較的リベラルだが平沼氏はリベラルとは違う路線だ。郵政(改革)でもかなり立場が違う。違った政治的スタンスの2人が一緒になるのはかなり大変だろう」と路線の不一致を指摘。千葉景子法相も「どのようなことを目指して活動をするかがよく分からない」とした。

 他の閣僚も「感想はない。ああ、そうかという程度の話だ」(仙谷由人国家戦略担当相)、「興味も関心もない」(枝野幸男行政刷新担当相)、「期待していない」(前原誠司国土交通相)と冷ややか。

 ただ、小沢鋭仁環境相は「民主党の票を削り取っていく役割は大きい。参院選での(同党の)単独過半数を阻止するには極めて有効で脅威だ」と強い危機感を表明。北沢俊美防衛相は「大変厳しい道のりだが、決断されたことだから成功を祈る」と“エール”を送った。

【関連記事】
「あるとすれば良い影響」 民主・山岡氏が新党批判
慎太郎、小沢の影…与謝野&平沼新党の不可解、狙いは?
新党 二枚看板協調カギ 邦夫氏・鴻池氏見送り
「平沼新党」は邦夫氏外す 与謝野氏が譲歩
平沼・与謝野氏の新党名、4候補に絞り込む
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

「仕分け調査員」に新人95人=民主(時事通信)
<自民党>参院選選対本部の人事決定 本部長代理に石破氏ら(毎日新聞)
<食中毒>処分中にまたも食中毒起こす−−大阪・寝屋川(毎日新聞)
<海賊>東アフリカ沖で日本関係船に発砲 航行には支障なし(毎日新聞)
<生きる>募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-04-08 20:52