<< <普天間移設>首相発言で「決着... 政権半年の実績、アピールへ=政... >>

ニセ死亡診断書で保険金詐取、元新聞店員ら逮捕(読売新聞)

 ウソの死亡診断書を使って保険金をだまし取ったとして、警視庁は10日、川崎市多摩区西生田4、元新聞販売店員西村豊被告(55)(有印私文書偽造罪などで起訴)と、西村被告の元妻のさいたま市大宮区天沼町1、派遣社員蒲池優美子(58)、埼玉県川越市岸町1、会社員前島裕之(44)の両容疑者を詐欺容疑で逮捕した。

 発表によると、3人は2003年12月上旬頃、西村被告が死亡したとする偽の死亡診断書や戸籍謄本などを生命保険会社に提出し、死亡保険金約5400万円をだまし取った疑い。

 西村被告は、死亡診断書などを提出した後は知人男性になりすまし、偽の住民票や運転免許証を得るなどして生活していた。西村被告と前島容疑者は容疑を認め、蒲池容疑者は否認しているという。

 前島容疑者は、西村被告が以前に経営していた会社の元社員で、保険金の受取人になっていた。この事件で3人は、別の生命保険会社からも約3600万円の保険金を受け取っており、警視庁で追及している。

新しい婚礼披露のかたち 拡大する1・5次会市場(産経新聞)
JAL副操縦士、免許忘れ乗務(産経新聞)
死刑執行「当分行われない」 廃止議連・亀井氏が発言(J-CASTニュース)
トーク飛ばし音楽録音 新型レコーダーで物議(産経新聞)
シカ急増、保護地域追われるニホンカモシカ(読売新聞)
[PR]
by cnskosli91 | 2010-05-13 06:10
<< <普天間移設>首相発言で「決着... 政権半年の実績、アピールへ=政... >>